DigitalClock
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

hirohime

Author:hirohime
ブログの管理人ひろこ→hiro
愛犬ひめこ→hime
合わせてhirohimeです。
よろしくお願いします

フリーエリア

クリックして、マウスで遊んでやってネ!
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ジンジャーエール
ぜんざいさんのブログにジンジャーエールのことが出ていた。ウィルキンソンのジンジャーエールね。この辺ではC.D.のしか見かけないから私はこれって飲んだ事無いかもしれない。ほんとうに生姜の味がするジンジャーエールだって
わるいけど、C.D.のはスプライトとかセブンアップとかとあまり変わらない味。ジンジャーって感じないわね。
もしかして実家の近くのイタリアンレストランで出すジンジャーエールはこれかもしれない。スゴク美味しいもの。ついでと言っては何だけど、このピザ屋さんの技がホームページのムービーと言うところでで見られるのでちょっと覗いて見てくださいな。美味しいのよ、ここのピザ。近くじゃないひとは食べられないけどゴメンネ。
ペイザンのH.P.へゴー
話は戻して、私もジンジャーの味がするジンジャーエールを試してみたくなったのでちょっとネットでジンジャーエールを検索してみたらちゃんと有りました。作り方が載ったサイト。「男の酒肴」のなかの「強烈な大人の刺激ジンジャーエール」ってのが。
クリック
で、作ってみました。

707151.jpg


うーーーん!確かにジンジャーだ、生姜だ
ところで最後にレモンを入れなくてもっと甘くしたら「ひやしあめ」ではない?「ひやしあめ」知らないそう。
あぁ、じれったい、日本の昔の夏は縁台でうちわに風鈴にひやしあめなのだ!ちょっとちがうか、やはり横綱はスイカにカキ氷だけど関脇くらいにひやしあめが在ったのよ

スポンサーサイト


まいう | 【2007-07-15(Sun) 20:39:33】 | Trackback(-) | Comments:(7)
コメント
ペイザンのピザ、って以前ブログに書いてあったところですねv-237
2007-07-16 月 04:57:49 | URL | parumama #- [ 編集]
途中で、投稿されてしましましたv-12
以前京都に行った時、カッパ橋のほとりのお店で、「冷し雨」を飲みました。すっごく生姜がきいていましたねv-237
2007-07-16 月 05:00:40 | URL | parumama #- [ 編集]
本格的な作り方を見てビックリ!唐辛子も入れるのね。私としては焼酎で割って飲んでみたいです。身体にも良さそうだし・・・。v-218
ご実家の近くのイタリアンレストラン、お洒落ですね。
帰省の度ごとに必ず寄りたくなるお店があって、良いですね~。v-271
2007-07-17 火 15:40:38 | URL | ハラッダ #- [ 編集]
おお~パーティーなどでは
自作のジンジャーエールもいいかも♪
情報ありがとうございます。

ウィルキンソンのは、たしかに生姜味なんだけど
本当に生姜を使っているのだろうか?

このレシピだと、風邪も治りそう~(^・^)
2007-07-17 火 16:38:29 | URL | ぜんざい #5bwaSGmE [ 編集]
「冷やし雨」って名前ですか?京都らしく風流ですね。本当はただの「冷やし飴」でしょうね!
今はどこかで手に入るでしょうか?調べてみなくては!
2007-07-17 火 22:50:00 | URL | #- [ 編集]
「男の料理」によるとウォッカで割るとスクリュードライバーらしいですね。焼酎で割っても美味しそうです。しかし手間の割りには少ししか出来ません。中国産生姜だったら惜しげなく使えるとは思いますが。v-40
2007-07-17 火 22:52:53 | URL | #- [ 編集]
私もウィルキンソンのジンジャーエールを頼んでしまいました。新物好きなのです。両方試してまたコメントします。v-392
2007-07-17 火 22:55:12 | URL | #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。