DigitalClock
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

hirohime

Author:hirohime
ブログの管理人ひろこ→hiro
愛犬ひめこ→hime
合わせてhirohimeです。
よろしくお願いします

フリーエリア

クリックして、マウスで遊んでやってネ!
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
手抜きケーキ
今日は最近ハマっている「手抜きバターケーキ」のご紹介



1. 材料は簡単・基本のパウンドケーキで
バター(室温に戻しておく) 100g
砂糖 100g
粉 100g
卵 2個(少々大きさに違いがあっても良いことにしています。MでもLでも)
ベーキングパウダー 小さじ0.5(無くても良さそうだけど、入れないで作ったことがない。もし膨らまなかったら悲しいものね

今回は2本一緒に作るので倍の材料です。ケーキの作り方を習ったことがないから、すごく常識はずれの事でも書けてしまう。砂糖は何でも・・・グラニュー糖が一般的?今日は普通の上白糖をつかったけど、三温糖でも、黒砂糖を足しても
粉は今日は薄力粉とアーモンドパウダーと半々。米粉を使ってみたらどうなるかしら、今度やってみようシナモンやジンジャー入れても良いね。
2. 卵を軽く泡立ててから、砂糖を入れて黄色かったのがクリーム色になるくらいまで泡立てます。手抜きケーキだけど、砂糖と卵を一緒に泡立て始めると卵黄が固まって泡立てにくくなるので、順番を守って
3. 室温にもどして柔らかくなったバターを、卵の泡立てに使った泡だて器で続けてかき混ぜてから、粉類を加えます。
手抜きケーキだから、粉ふるいは使わないけど、ビニール袋の中で、ベーキングパウダーとかアーモンドパウダーが均一になるように・ふわっとするように振り回しておきます
泡だて器で粉とバターがしっかり混ざるまで、ぐんぐん。
2の卵を何度かに分けて入れて泡だて器で混ぜていきます、ぐんぐん。(肝心の写真が無いねぇ)
4. パウンド型に紙を敷きこんで焼くほうがバターを塗るより、取り出しやすくて、型を洗うのが簡単で良いですよね。
全部混ぜて型に入れて焼いたら、手抜きケーキの出来上がりです。
170℃で40分~50分くらい。オーブンによって違うから何とも・・・。
高温の方がよく膨らむから、普通は最初高い温度で焼いて後は焦げないように温度を下げて焼くらしいけど、これでも大丈夫・・・かな
美しい繊細なケーキはプロにまかせて、うちでは作るのが面倒にならないように手抜き・テヌキ



1. 今日は基本の手抜きケーキにリンゴダイスを入れてみました。
リンゴの皮をむいて角切りにしてレンチン、2・3分。透き通るくらいまで。端が焦げてるね
2. 前回作った時に粉を混ぜた後、リンゴも混ぜてから型に入れて焼いたら、リンゴが重みで全部下の方に固まってしまいました。
今日はそうならないように工夫するつもりで、種を型に入れた後でりんごを載せて
3. 軽く上の方だけ混ぜて焼いたらうまくいくかな???
4. 焼きあがりました。途中で上に切れ目を入れたら、きれいに割れ目ができるので15分タイマーをかけておいたのに、ルンルン(ルンバ)が働いてくれていたのでタイマーの音に気付かず韓ドラをみていました。
焼きあがったところに杏ジャムをラム酒で伸ばしたものを塗ってみました。無くてもよいけど。

で、出来上がりです

10102411kai.jpg

ハハハ、なんじゃい、リンゴ沈んじゃってる。だからぁ、シロートはねぇ
でも、うまい・・・

==追==
ルンルンは頑張って働いていますが、しみ込んだ汚れや届かないところは私が拭かなくちゃ。←アタリマエダ

10102408.jpg

ひめこはオババちゃまになってきて、ベッドから飛び降りて足腰を悪くするといけないので、スロープを購入しました。こんなの売ってるのねぇ。

10102412.jpg
スポンサーサイト


ケーキ | 【2010-10-24(Sun) 20:17:15】 | Trackback(-) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。